SHR脱毛機の種類 メディオスター NeXT PRO

メディオスター5つの特徴!どのくらい痛い?脱毛効果は高いの?

更新日:

メディオスターとその他医療レーザー脱毛の違い

従来のクリニックの医療脱毛は、主に「アレキサンドライトレーザー」と「ヤグレーザー」です。どちらもメラニン色素に反応して毛根を破壊するときに高温のレーザーを当てるので、どうしても痛みが強くなってしまいます。

メディオスターの脱毛法は、毛根を包む毛包という部分の中に存在する「バルジ領域」に熱を蓄めて刺激することで、徐々に毛の成長をさせないようにする「蓄熱式」といわれる脱毛です。
蓄熱式のメディオスターはバルジ領域を刺激!従来の脱毛より痛みも肌ダメージも少ない!
蓄熱式は、SHR方式とも言われていて従来の脱毛機のように高温にする必要がないので痛みが少なく肌へのダメージが軽いです。

バルジ領域には毛の生成を促すための重要な細胞を生み出す能力があります。
バルジ領域が働くことで発毛因子が発生し、毛母細胞が作られ乳毛頭といわれる部分から栄養を送り出すことで毛が生えてくるのです。

なんだか難しいですね。。。

つまり、バルジ領域は毛を再生するための司令塔みたいなものなので、ここを刺激することで徐々にムダ毛を生えさせない脱毛方法ということです。

メディオスター next proの5つの特徴

1.【痛み】メディオスターはほんとに痛くない!?

毛根を焼き切るために使用される従来の医療レーザー脱毛は、200℃前後で、特にヤグレーザーは肌の奥深くで効果を発揮するので痛くて耐えられないという人もいます

痛みを感じる原因は、「温度の高さ(出力の高さ)」と「レーザーがどのくらい皮膚の奥深くまで届くのか」です。高温を肌に与え続ければ強い刺激となり、痛みを引き起こすことになります。
また、黒い色素に反応するのでムダ毛以外の黒い部分はヤケドで肌を痛めてしまうことも。。。
メディオスター next proっが本当に痛くない理由や口コミをご紹介します
メディオスター next proは50℃~70℃の熱量で、レーザーが反応するバルジ領域の位置は毛根部分まで行かないので皮膚の奥深くまでレーザーが入り込むことはありません。そのため痛みが優しい脱毛機です。

実際にメディオスター next proで脱毛した人の痛みについてのクチコミを見ると

脱毛機がメディオスター next proはマイナス30度の風が出て、従来のメディオスターよりは痛くないかと思います。実際やってみて正直少し痛いですが、ヒゲが減ると痛みは少なくなります。
今、日本にある医療レーザー脱毛器で一番痛くないと言われているのが、 メディオスター next proという脱毛機だそうです。 私も以前受けましたが、ほとんど痛くありませんでした。 昔エステで受けた針脱毛のほうがよっぽど痛かったです。 まだ、導入しているクリニックはそれほど多くないですが、もし痛みの少ない医療脱毛を希望する人にはおすすめです。
あくまで個人的な意見になりますが、私はメディオスター next proが一番痛みが少なく感じました。 VIOもお願いしましたが、スタッフの方がパワーの加減(強弱)を 丁寧に調節してくれたので痛みに耐えられない!なんてことはありませんでしたよ。 デリケートゾーンは特に自分で処理できにくい部分なので 脱毛をして本当によかったです。
私の場合そこまで濃くないのでそれ故かもしれませんが下手したら眠りそうになるくらい痛みは少ないです。多少ピリピリする箇所もありますが全然我慢出来る痛みです。

無痛ではないけれど、いろいろと脱毛を経験されている人のクチコミをみると、メディオスター next proは痛みが優しいことがわかります。

2.【毛質・肌質】メディオスターが『脱毛できる毛質&肌質の種類』

従来の脱毛ではメラニン色素の黒い部分にピンポイントで働きかけるので効率的といえますが、日焼け・ほくろのある肌には照射するとヤケドなどの肌トラブルが起こる可能性があるため、施術ができない特徴があります。逆にメラニン色素の少ない金髪や産毛には効果を発揮しにくいため、顔やお尻、背中などの産毛脱毛には向いていません。

メディオスターが脱毛できる『肌質』は

  • 日焼け肌、黒い肌
  • しみのある肌
  • ほくろのある肌
  • 敏感肌
  • アトピー肌

今まで脱毛ができなかった肌もメディオスター next proなら脱毛できます!メラニン色素に反応しない脱毛法だから肌が黒くてもどんなお肌も大丈夫!!アトピー肌は意外と脱毛することでお肌が改善する人が多いみたいです。

ただし、症状がひどい場合は落ち着いてからの施術になることもあるので、相談してみるといいですね。

メディオスターが脱毛できる『毛質』は

  • 金髪
  • 顔の産毛
  • 背中の産毛
  • お尻の産毛
  • ほくろの毛

せっかく脱毛するなら産毛にも効果がないともったいないです!!
特に顔脱毛は、美容液の浸透力がUPしてニキビやアトピー肌の改善にもつながってお化粧ノリも良くなった♪なんて脱毛以外の嬉しい効果を感じた人もたくさんいるようです。
従来の医療脱毛では産毛に効果を発揮することは難しいけれど、メディオスター next proなら薄い毛にもしっかり反応するので産毛まできれいに脱毛したい人はメディオスターを選ぶのがいいでしょう。

3.【効果】メディオスターは毛が抜けないけど効果はある

メディオスター next proは「効果がない!」「毛が抜けない!」といったクチコミが見られます。
それを見ると「毛が抜けない=効果がない」と思いませんか?

一般的によく使われているレーザーで毛根を焼き切る方法では、強力な熱を使うためパラパラといった感じで毛が抜けていきます。

比べて蓄熱式のメディオスター next proは、焼き切るのではなく毛の成長を遅らせる目的があります。

そのため毛が抜けるといったことはそんなにありませんが、毛が生えてこなくなることで脱毛が成功したといえるのです。毛が抜けないからといって、効果がないというわけではありません。
効果が出ないとやめてしまうのは、もったいないです。続けていけば明らかに毛の成長が遅れていることに気付きます。

アレキサンドライトとメディオスターどちらもVIO脱毛経験しました。アレキサンドの方が効果は分かりやすかったですが、メディオスターの方が痛くなかったし効果も少しずつですがありました。
4回メディオスターでやったのですが、両足やVIOは9割ほど無くなっている感じがします。
昔エステ脱毛に通っていましたが、あまり効果を感じられず、医療脱毛に切り替えました。 医療脱毛であれば、永久脱毛が可能です。メディオスターはまだ2回しかやってないので、全部終わるまでなんとも言えませんが、毛確実に生えなくなってきてます。
メディオスターでヒゲ脱毛しました。6回目でだいぶ減った実感があり、あと4,5回程では効果はあるんじゃないかな。 術後の赤みも軽くて、泥棒ヒゲにもならなかったからメディオスターで脱毛したのはよかったと思う。

効果がわかりづらいという人や、2回めで生えなくなってきたのを感じる人もいますね。効果の速さを求める人には向いていないかもしれませんが、痛みに弱い人はSHR脱毛が向いてます。効果が感じられずにいる人は出力を上げてもらうと効果が出る場合もあるみたいなので自分の肌質に合わせながら少しずつ試していくのもいいでしょう。

4.【安全性】お肌にやさしいメディオスター

レーザー脱毛といえば「肌に悪い!」とか「傷や黒ずみができてしまう・・・」なんてイメージを抱く人もいるでしょう。

実際に従来のレーザー脱毛では200℃前後のレーザーを肌に当てることになり、そのことが原因で肌を痛めてしまったり、ムダ毛以外の黒い部分に反応してしまってヤケドしてしまうケースがあります。
そのため日焼けなどの肌の黒い人は施術する前から断られてしまいます。

メディオスター Next PROは50℃~70℃の低温で働きかけるので、極力肌へのダメージを軽減することができるのです。
メラニン色素にも反応しないのでヤケドの心配もありません。

5.【早さ】時間が短いメディオスター

従来の医療脱毛は、毛のサイクル(毛周期)と合わせて毛根を焼き切る脱毛法で、ムダ毛が生えてくる時期(成長期)のタイミングに合わせて脱毛します。毛周期に合わせると2.3ヶ月間隔の施術になるので時間がかかってしまいます。

一方メディオスター next proは、「バルジ領域」に熱をためて毛の成長を阻害することで徐々にムダ毛を再生させないようにします。
バルジ領域は、毛周期には関係なくつねに存在するのでいつでも施術ができ、最短1ヶ月に1回の間隔でOK。
しかも、従来の脱毛機と比べて照射口が大きくなったので、ひじ下3分ひざ下5分施術時間も早くなりました。
しかも形が長方形なので、照射漏れがしにくいんです。

メディオスターはこんな人におすすめ!!

おすすめな人

  • 痛みに弱い人
  • 地黒や日焼けで肌が黒い人
  • 金髪や産毛の脱毛をしたい人

痛みに弱い人

医療脱毛が初めての人や肌が弱く痛みに敏感な人にとって、レーザー脱毛の痛みの強さはダメージが大きいと思います。メディオスター next proは同じレーザー脱毛でも蓄熱式という脱毛方式なので刺激が少なく痛みを軽減してくれます。特に粘膜部分の痛みを感じやすいVIO脱毛はおすすめです。

地黒や日焼けで肌が黒い人

従来の医療脱毛や光脱毛はメラニン色素に反応するので肌の黒い人は脱毛を断られるそうです。
メディオスター next proはメラニン色素には反応しないので肌の黒い人はもちろん、ほくろの毛まで脱毛できちゃいます。

金髪や産毛の脱毛をしたい人

メディオスター next proは、色素の薄い毛にも反応するので、顔や背中の産毛、金髪や白髪にも効果があります。
従来の脱毛は産毛に効果を発揮できないので、顔脱毛するならSHR脱毛をおすすめします。

メディオスターを導入しているおすすめ医療クリニック

ブランクリニック公式サイト画像
ブランクリニックは、低価格料金で痛みが軽く産毛にもしっかり効果があるので全身を医療脱毛で考えている方は、まずはしっかりカウンセリングを受けて検討してみてください。

メディオスターのメリット・デメリット

メディオスターのメリット

痛くない

痛くないと感じた口コミ


医療レーザークリニックでは、痛みが強いので麻酔をして施術する人もいます。
その分料金も施術時間もかかってしまいますが、メディオスターは今までの医療脱毛よりも痛みが優しいので麻酔をかけなくても大丈夫なんです。

日焼け肌でも施術できる

日焼け肌の口コミ

今までの脱毛は日焼け肌などのメラニン色素(黒い部分)を多く含む場所には脱毛ができませんでした。施術を断られて脱毛を諦めていた方も脱毛ができるメディオスターで全身ツルすべ肌になっちゃってください^_^

メディオスターのデメリット

「無痛」ではない

実際に痛みを感じた口コミ

メディオスター以外の医療脱毛では痛くて耐えられずに脱毛を途中で諦めた人も多いけれど、メディオスターの痛みは耐えられる人がほとんどなので痛みが苦手な方に人気が高い脱毛です。
出力の調整をしてもらうことで痛みが軽くなるみたいなので、痛いと感じたら出力の調整をしてもらってください。

結果がわかりにくい

効果がわかりにくかった口コミ


施術した後に生えてくる毛がどんな状態か確認することで脱毛効果を実感するので結果が分かりづらいんです。
抜けてきたり、毛が細かったり、生えてくるのが遅く感じるのがメディオスター脱毛効果の特徴です。

効果を早く感じたい方は、ヤグレーザーやアレキサンドライトが向いているでしょう。
やっぱり痛いのは嫌!安全な脱毛がいい!産毛にも効果があるほうがいい!と思う方はメディオスター NeXT PROがいいでしょう。
どのクリニックでも必ずカウンセリングをきちんと受けて脱毛するのがおすすめです。

-SHR脱毛機の種類, メディオスター NeXT PRO

Copyright© SHR(蓄熱式)脱毛ナビ , 2018 All Rights Reserved.